駅ナカ店舗と
セブン-イレブンの融合。
より魅力的な
店舗づくりを目指して。

チェーン事業本部 1994年入社

01入社の決め手

「景気の良し悪しに影響を受けない」
安定性を重視。

母がキヨスクで働いていたのがきっかけで、当社の前身である西日本キヨスクを知りました。大学2回生の時にバブルがはじけ、それまでとはうってかわった不景気な時代です。就職活動を通じて、社会情勢と採用環境のシビアさを感じたことから、会社選びでは安定性を重視。「駅ナカで日用品を売っているので、景気の良し悪しに左右されにくい」という事業特性が決め手となりました。

02これまで携わった業務

駅ナカセブン-イレブンの
確立に取り組んでいます。

商品担当、JR西日本への出向、店舗勤務、店舗開発、現場のストアマネジャー(現店長)など、幅広いキャリアを積んだ後、現場の管理職から本部の管理職へ。理想的なキャリアステップで、会社に育てていただいたと感じています。特に、私にとって大きな分岐点となったのが、JR西日本への出向。入社3年目にして、親会社の視点から自分の会社の管理・運営に関わったことで、物事を客観視し、視野を広げることの重要性を学ぶと共に、与えられたまま仕事をこなすのでは無く、目標のために何ができるのかを考えて動く、ワークスタイルの礎を築くことができました。
現在は、チェーン事業本部CVS事業グループの担当部長として、"駅ナカセブン-イレブン"という業態の確立に向けて、セブン-イレブン・ジャパン社との情報交換や、課題解決のための協議、100名を超える店長の営業施策遂行へのバックアップ等を統括しています。
我々が目指しているのは、当社が長年培ってきた駅ナカ独自の店舗運営ノウハウと、セブン-イレブンの融合です。これまでの経験を最大限に活かし、より魅力的な店舗の実現に向かって、現場、本社が一体となって、全力で取り組んでいます。

03入社~現在まで 
業務のステップアップ

  1. 1~2年目

    入社・現場研修を経て商品部に配属
    店舗、倉庫、配送で6ヵ月間、福井地区で6ヵ月間の研修を経て、商品部(現・チェーン事業本部)に配属。商品の仕入れ等を担当。
  2. 3年目

    JR西日本へ出向
    西日本キヨスクをJR西日本から管理・運営を行う業務に従事。
  3. 4~9年目

    直営店舗(キヨスク、ハート・イン等)の開発を経験
    キヨスク、ハート・イン等、直営店舗の開発を経験。この間、西日本キヨスクとジェイアール西日本リーテックスが合併。現・ジェイアール西日本デイリーサービスネットになる。
  4. 10~
    12年目

    新大阪駅エリアのサブマネジャーを経て、ストアマネジャーへ
    新大阪駅エリア複数店舗のサブマネジャー(※副店長格)を経て、新大阪駅構内で当時最大規模の「新大阪おみやげ楽市2号」のストアマネジャー(現店長)に従事。
  5. 13年目

    おみやげ・コンビニ複合店の開発に携わる
    おみやげ・コンビニの複合店、新神戸アントレマルシェの他、キヨスクやハート・インなど様々な業態の店舗開発に従事。
  6. 18年目

    新大阪統括部の次長(管理職)に昇進
    管理職として、新大阪駅構内の店舗を統括。
  7. 21年目

    チェーン事業本部運営グループ、土産事業グループでのリーダー経験を経て、担当部長に就任
    運営グループのリーダーとして、京都駅に構えるセブン-イレブン・ジャパンとの提携第1号店の開発などを進め、その後、土産事業グループの立ち上げに携わる。
  8. 24年目

    チェーン事業本部CVS事業グループ担当部長に就任。
    担当部長として、セブン-イレブン ハートイン、及びセブン-イレブン キヨスクの店舗の運営オペレーションを統括。

04仕事のやりがい・こだわり

会社の未来の礎となる
ミッションを任され、
強い想いで取り組んでいます。

前述の通り、セブン-イレブン・ジャパンとの提携して約4年、当社では「“駅ナカセブン-イレブン”としてのオペレーションの向上」が、急務となっています。このミッションの成否が、提携の成否に直結するのはもちろん、5年後、10年後、当社がさらに飛躍する鍵と言っても過言ではありません。日々、強い想いを持って、仕事に取り組んでいます。

05この会社の魅力

仕事にかける想いが
常に試される会社です。

ブラック企業という言葉がありますが、その真逆をいく超ホワイト企業。制度がしっかりしていて、とても働きやすい環境だと思います。与えられた仕事の中で、自らがやり方を見つけていく風土なので、余力を残して楽をするのも、全力でぶつかっていくのも、自分次第。ある意味では、仕事にかける想いを常に試される会社だと言えるかもしれません。

就活生へのメッセージ

大学時代は、やりたいことをやれる貴重な時間だと考えて下さい。私自身、大学での4年間を通じて、遊びも含めた様々な経験から、杓子定規には当てはまらない社会のルールを学びました。当社が携わるコンビニエンスストア、ホテル、駅ナカ開発、いずれの事業も、お客様はもちろん、社内の様々な部署から、社外の取引先様、関係会社まで多くの人と接する仕事。多くの人と関わる仕事を志すなら、その分、学生時代に多くの経験を積んでおくことが大切です。